浮気相談の部屋

妻・旦那双方視点の浮気話を集めていきます

浪費・浮気夫VS天塩にかけた我が子

私の旦那は、結婚した当初から、ローンのカードを何枚も作って、欲しい物は買う、好きなアーティストのコンサートには行く、と、金使いの荒い旦那だったのですが、どうにか、私は一人娘を育ててきました。

16歳の娘を旦那は溺愛しています。娘が「バイトをしたい」と言うと、旦那は反対して「パパが5万あげるから、バイトせんでいいやろ」と、娘にローンカードから5万ずつ毎月渡しています。

娘は苦労をしている私の姿を見ているせいか、幼い頃から「パパからもらったお金、ママにあげる」と、こっそり旦那や旦那の親からの小遣いを私にわたしてくれるよくできた娘です。

反面教師として、旦那をみているのか、娘は堅実な子に育ちました。旦那に振り回されてきた私には、それだけが救いです。

カードを使えなくしようと、娘の提案で四苦八苦していたローンの支払いをやめたところ、旦那はブラックリストにのり、持っているカードは使えなくなりました。

それでも、最近、そわそわと何かをしているので、アナログな私は、娘に「パパのPCや携帯、ばれへんように調べられる?」と聞くと、娘が請け負ってくれました。

娘は携帯やPCからのメールを印刷して、探偵さながらに私にわたしてくれました。

「ママ、パパ浮気してる」

と、私に言ったのです。

私は、娘に申し訳ない気持ちになりました。町金や闇金に手を出しているのでは?という疑いで、娘に調査を依頼したのに、まさか、浮気してたなんて思いもしてなかったのです。

しかも、最新のメールの内容が、A子ちゃんから『今度の泊りの時、娘さんの誕生日に、ネックレス選ぶの手伝ってあげる。PS.いつも、お金、ありがとう』と、いう内容で、母親として、情けなくて、旦那には言い知れぬ怒りをかんじました。

そして、数日がたち、娘の誕生日に、旦那はネックレスをプレゼントしましたが、娘は意外にも喜んだようすで受け取って箱をあけたのです。

「わぁ、めっちゃ可愛い。さすが、A子ちゃんのセンスやね」

と、旦那に言い放ったのです。

浮気相手の子の名前を呼んだ娘に、旦那は蒼白になり、座ったり立ったりと落ち着かないようすでした。

そして、娘は首にネックレスをつけて、旦那に微笑みかけると、封筒を一つ差し出しました。

「ここにな。おっちゃん(旦那の兄)のサインはもらってんねんけどな。でも、パパとママのサインがないねん」

私は旦那にかわって、封筒をあけると、そこには離婚届がはいってました。娘は、にっこりと笑ったまま、無言で「サインしろ」と言ってました。娘に泣きつく旦那の姿は、爽快でした。

両親のサインをした離婚届をもった娘は、「パパ、最後の最後のチャンスやで、今後、ママの言うこと、一つでも聞かんかったり、悪いことしたりしたら、役所に出すしな」

今でも、娘が私たち、夫婦の離婚届けを持っています。ちなみに、旦那の小遣いは月1万円になり、昼間の本職以外にも、夜の警備員の仕事もさせています。もちろん、浮気相手と別れました。